gosekky、在日ファンク在籍ライブ最後の日を迎えました。

e0230090_00062856.jpg

2017/3/19ゴセッキー在日ファンク在籍、最後のライブの日を迎えました。

e0230090_00065993.jpg

その前日は、3/18の東京公演では大阪モノレールとの対バンでした。

ファンクを追い求めるバンドの2マン。


結成15周年を迎えたモノレールのライブは物凄かったです。流石。。。

と、誰もがあの迫力に圧倒されたのではないでしょうか。

一言で言えば、音がぶっとい!のです。


モノレールと在日ファンク全員が同じステージでセッションをする場面がありましたが、圧巻でした。

個人的にモノレールのライブを見させて貰ったのが10数年ぶりだったのですが、

あの時よりもかなり熟成されたという印象を受け、ガツーンと頭を殴られた感じありました。

こういうやり続けることの強さとこだわりと、色々な積み重ねの結果なのでしょう、感動しました。


そしてゴセッキーが脱退するということで配慮頂けたのか、

モノレールのステージでハマケンとゴセッキーがゲストで演奏する場面もあり、面白かったです。


そんなライブの翌日となった、ゴセッキーの在籍最後の日、

ゴセッキー本人は朝からとても落ち着いていました。

ただ緊張感も同時に沸き起こっていたようでした、嫁の私もライブ前はそわそわしていました。。

e0230090_00063640.jpg

ライブが始まると対バンツアーとほぼ同じセットリストに数曲が加わったアレンジ。

ただ、途中からバックの暗幕が左右に開き、スクリーンが登場。この日のために作られた映像が流れるシーンが。。


在日ファンクのメンバーが撮りためていたゴセッキーの写真のスライドショー。

と、同時に1行ずつゴセッキーへのメッセージなどなど。

そのバックに流れるBGMは、トランペットの基君が作成してくれたという、オルゴール調の在日ファンクの楽曲。(!?)


これが最高に笑えましたし、在日ファンクのメンバーがゴセッキーに向けてのメッセージとして流れる字幕の中に、

「辞めるのは嘘だと言ってくれ」

といった内容のメッセージが。。。心から泣けました。


そのシチュエーションからの、まるでゴセッキーへの罰ゲームのような展開へ。。。

ゴセッキーが一人赤いタンクトップで登場。一人でソロを吹きまくり。

先ほどの、大事に思ってくれていたメンバーの言葉の嵐からの、

まるで飴とムチの状況。。。ツンデレならぬデレ→ツンへの展開。


そうです、赤いタンクトップはゴセッキーが在日ファンクからオファーがあった際に言い放った言葉。


「俺赤いタンクトップ着るんだったらバンドに入らない」


こんなことがあって、、最後の最後の日に、赤いタンクトップ着させられてしまった、という大事件ですね、、、

気づくと、スタッフさんもそのタイミングで全員赤いタンクトップを着ていました。。。苦笑。

e0230090_00071910.jpg
e0230090_00072705.jpg


脱退するという選択も惜しんでくれながらも、こんな風に赤いタンクトップを着せられるイベントを織り込みながらも

手厚くメンバーから送り出してもらえるとは、

人生で最高の瞬間の1場面だったのではないかなと、しみじみ感慨深いものがありました。


また、もう既に告知されましたが、次の在日ファンクのサックスはKIDSくんに決まっています。


ライブの日、次のメンバーになる人と電話が繋がってます。という形で発表されたわけですが

なんと、ゴセッキーの後にメンバーを務めることになるのは2回目というKIDSくん。


以前、ゴセッキーが所属していたアフロバンド、KINGDOM⭐︎AFROCKSの後任としてKIDSくんが担当してくれていました。

(現在は解散しました。)

こんなことってあるんでしょうか。。。


これからの在日ファンク、楽しみです。



ライブの最後にゴセッキーが言った言葉は「これからも、在日ファンクをよろしくお願いします。」でした。


6年間在籍し、この度バンドを去ることになってしまっても、これからも見守っているよ、という気持ちから

出た言葉だったのでは無いのかなと思いました。




ライブの打ち上げ後は、サプライズでケーキが用意されたりと嬉しいイベントが待っていました!

e0230090_00074447.jpg

ハマケンとケーキの食べさせあいっこで結婚式みたいな妙なムード笑


e0230090_00075576.jpg
とはいえ、このライブの後にも在日ファンクとしてのレコーディング、在日ファンクホーンズとしてのレコーディング活動は残っており、

最後の最後ってわけではなかったのですが、でも皆さんに姿を見せるのは最後ではありました。
ジェントルがブログで綴ってくれました、ありがとう。いろいろあった6年だったのね。。と思ったり。



皆さん、これまで在日ファンクでのゴセッキーのサックスを楽しんでくれた皆様、ありがとうございました。

今後は、自身の活動や今も続けているバンドを精力的に進めていきますので引き続き、

活動を見てくださったらなと思います。


よろしくお願いいたします。



[PR]

# by gosekky-memo | 2017-04-03 00:17 | 在日ファンク | Comments(0)

EGO-WRAPPIN' 『ROUTE 20 HIT THE BUDOKAN ~live at 日本武道館~』LIVE Blu-ray & DVD発売

昨年、結成20周年を迎えて武道館で行ったライブがBlu-ray&DVDになりました!
発売は3・15(水)です。

たっぷり3時間、エゴラッピンワールドが堪能できます。
皆様も是非、チェックしてくださいね。

[PR]

# by gosekky-memo | 2017-03-13 08:02 | EGO-WRAPPIN' | Comments(0)

ハマケンとゴセッキーの対談がフィナムで今人気の記事に

e0230090_12365909.jpg
ハマケンとゴセッキーの対談が、フィナムで今人気の記事にランクイン!
http://www.houyhnhnm.jp/feature/44948/
公開されて一週間ほど1位となっていました。
以外とたくさんの人に関心持って見ていただけたのですね。。。。
皆様、ありがとうございます!

そして、在日ファンク在籍もあと数日となってしまいました。
札幌、東京で2公演の合計3本。

在日ファンク最後となるゴセッキーの演奏、ぜひ皆様見に来てくださいね。


<在日ファンク10周年まる見えワンマン〜ゴセッキー脱退 根にもってますライブ〜>

2017/03/19(日)

東京キネマ倶楽部 開場/開演:16:45/17:30



[PR]

# by gosekky-memo | 2017-03-12 07:42 | 在日ファンク | Comments(0)

ゴセッキー×カミウンテン sax duo

e0230090_11322011.jpg

先日、六本木のVARITにてゴセッキー×ウンテンsax duoのライブがありました。

3・8(水)@VARIT『Chaotic Territory

RS5pb / BARB / ゴセッキー&上運天淳市DUO /DJ:君嶋麻里江


RS5pbのTp類家くんが誘ってくれたイベント。


出演する皆様はジャズ界隈の方々というイベントの中、

ゴセッキー&上運天淳市DUOは異色?だったかもしれませんが(室内楽のようなハーモニーを聴かせるような音楽なので)

お客さん、出演者の方々からはその感じも面白がってもらっていたようで何よりでした。


音楽の趣味、楽器の音色、お酒の場も含めて笑 学生時代からバッチリ気の合うウンテン。

二人のこのsax duoの活動を、今年は今まで以上にのびのびとやっていけたら、という思いでいます。

e0230090_11315843.jpg




それにしても音源が出ているわけではないし、どうしたらもっとこの二人の良さを沢山の皆さんに知ってもらえるものか。

昨年に比べたら比較的ライブは数本決まっていますし、積極的に活動できそうではありますが。この二人の音楽の良さをわかっている私に、何かできないものかともがいているところ。。


室内楽みたいな、でもがっつりクラシック、ジャズというわけではないし、そういうシーンがまず他にないですしね。

どなたか~イベントにお誘いくださいませ~。


e0230090_11322949.jpg



さて、対バンして強烈だったのがRS5pbの音たるや!


数年前に類家くんの別のバンドを見たときとまた変わった印象でした、

ハードコアなジャズというかとにかく類家くんのトランペット技が、強烈にすごいです。

例えるなら、観客として見ているだけなのに、腹筋、バーベル上げ、色んなフィットネスをしていたかのような

達成感がライブの後にある感じとでも言いましょうか。。。


理屈とかでは語れない、凄みがにじみ出ているというか。

きっと菊地さんのバンドdcprgにて培われた環境もまたあるのかな、という印象のハードコア感があり、

夢中で最後まで見てしまいました。


そんな類家くんがライブの後のMCでそれぞれ出演したバンドの説明などをした後に、

『今日は後ろの方に、ゴセットテープというゴセッキーのグッズとカセットもありますので~』と、


先ほどあんなにハードブロウしていた類家くんが、物販を淡々と宣伝してくるギャップにい、微笑ましすぎ!とツッコミ入れたくなりました~。



そいえばBARBにはドラムに松下マサナオくんが叩いていて、

相変わらずいいプレイヤーだな~なんて思って見ていました。

ライブ後にも本人に伝えたのですが、「今日は調子悪かったです。。。」

とのお答えが返ってきて、そんなご謙遜?!と思ったのですが、

うまい人は基本がうまいからな~スゴイ。

しかし若いプレイヤーの良い部分が見えるってなんだか嬉しいな~と思ったのでした。



さてさて、ゴセッキーとウンテンのduoは来月kakululuにて演奏しますので、

皆様是非いらしてくださいね!


4・29(土)ゴセッキー&上運天淳市DUO @kakululu 東池袋


e0230090_11320931.jpg
終演後にノリノリの二人。




[PR]

# by gosekky-memo | 2017-03-11 12:32 | gosekky×unten sax | Comments(0)

在日ファンクを卒業するゴセッキー


メンバー&後関好宏コメント

在日ファンクからみなさんへ

この度、サックス担当のゴセッキーが脱退することになりました。

在日ファンクを大事に思ってくれているみなさん、
急な報告になってしまい、本当にごめんなさい。
3月19日のライブでゴセッキーとはさよならです。
在日ファンクメンバーとゴセッキーとで協議して、
お互いのこれからの勢いのためにそのスケジュールで行こうと判断しました。
詳しくは後関×浜野対談をしておりますので是非とも読んでいただきたいです。
http://www.houyhnhnm.jp/feature/44948/
これからも在日ファンク、並びにゴセッキーを何卒よろしくお願いします。
以下、ゴセッキーからです。

いつも応援してくれているファンの皆さんへ。

在日ファンクにとって10周年という節目の年に脱退するべきなのか非常に悩みましたが、
中途半端な気持ちのままステージに立つ事は出来無いと思い、メンバーと話し合い脱退する事に致しました。

7人で演奏する最後のツアー、いつも以上に最高のライブをお届けします!!
今後は皆さんと同じように、僕もいちファンとして在日ファンクを応援しようと思います。
6年間、ステージから最高のお客さんを前に演奏をしてきましたが、
これからはステージからフロアに下りて、
みなさんとお酒を飲みながら「在日ファンク」の音楽を聴き、
踊れる日が来る事が密かな楽しみでもあります。

ファンのみなさん、今まで 応援して頂き本当にありがとうございました!!

2017年2月24日 後関好宏


昨日、このように発表されました。
今年ゴセッキーが在日ファンクから脱退します。

皆様には、在日ファンクのツアー直前にして驚かせてしまうこととなりました。

いつもライブや、音源を楽しんでくれているファンの方々には、このようなことになり
残念に思ってくれた方々には大変申し訳なく思います。

ゴセッキー本人もこれまでずっと考え続けていた末の決断というところもあり、
皆様にはご理解いただけると有り難いなと思っています。

今回脱退するにあたって、リーダーハマケンの発案により本音での対談が公開となりました。
皆様には是非目を通して頂きたいです。

これが、またなんともリアルな赤裸々本音トークなのです。

私は今までに、メンバーが脱退する上でのこんなにぶっちゃけた対談は見たことがありません。。。
実際に、身近にいるのでそのリアル感はもの凄いです。

その非常に生々しいエピソードの数々、会話は常に明るくて、笑える対談。。。
この場を設けてくれたハマケン、インタビュアーの兵庫さんには本当に感謝しなければなりません。


そして、ゴセッキーの最後となる在日ファンクのライブはこちらです。
e0230090_09321365.png

<在日ファンク10周年まる見えワンマン〜ゴセッキー脱退 根にもってますライブ〜>

2017/03/19(日)

東京キネマ倶楽部 開場/開演:16:45/17:30

【出演】ファンク
【オフィシャルサイト先行】
受付期間:2/24(金)19:00〜2/26(日)23:00
枚数制限:お一人様4枚まで
当落発表:2/28(火)18:00予定
発券開始:3/4(土)10:00〜
受付URL:http://w.pia.jp/s/zainichifunk17-of/ (PC・モバイル共通)
イベント名に、ゴセッキー脱退根に持ってます、なんて入れてくれて、、、

最後の最後まで、メンバーとスタッフには愛情を感じ、泣けます。。。
ゴセッキーにとって、6年お世話になり色んな経験をさせてくれた大事なバンドです。

ライブがすごく楽しい在日ファンク、この6年間東京公演はほぼ全部見に行きましたし、
バンドのこともお手伝いさせてもらったり、メンバーの奥さんたちとも個人的に遊んだり家族ぐるみで集まったりすごく楽しかったし。SNSを通じて、ファンの方々からメッセージをもらったり嬉しい交流の数々が常にありました。。。
振り返ると、公私ともにとても愛着のあるバンドでした。

非常に寂しくなりますね。。。

是非皆様、在日ファンク最後のゴセッキーに、会いに来てくださいね。


[PR]

# by gosekky-memo | 2017-02-25 10:00 | 在日ファンク | Comments(0)

YOURSONG IS GOOD/THA BLUE HARB

e0230090_01060621.jpg
横浜lizardにYOURSONG IS GOODで出演しました。
このライブハウスも今年で締めてしまうそうです、悲しい。。

そして、レアなこのライブを見届けなければ!と、週末嫁の私は京都に行っていましたが、
新幹線で駆けつけましたよ。。
なぜなら⇩こういうことでした!
ハットリさん(トロンボーン)のピンチヒッターにサックスのゴセッキー笑
e0230090_01132458.png
e0230090_01095874.png
バナナゼロミュージック、の番組の収録で一緒の時にハットリさんのインフルエンザが発覚したところに、
ゴセッキーが目の前に、、、!居たので、ライブ出来ますか?と聞いたら空いてますよとのことで!!と面白いMCをかましてくれたジュンさん。。ユアソンのライブ、めちゃくちゃ楽しかったです、そしてこれがゴセッキーのサックスも
結構はまってノリノリに。。。素晴らしい夜でした!
e0230090_01055102.jpg



[PR]

# by gosekky-memo | 2017-02-23 08:08 | ライブ | Comments(0)

ASA-CHANG&巡礼「まほう」ツアーファイナル

e0230090_00272011.png
ASA-CHANG&巡礼「まほう」ツアーファイナルを迎えました。全国12都市をこなし、2017年2月3日に六本木のスーパーデラックスで千秋楽を迎えました。
ダンサーの菅尾なぎささん、唐本雅子さんをゲストに迎えて。とても素晴らしい舞台でした。

なんと、ゴセッキーも実はダンサーとして踊りました。。

朝倉さんはなんでもメンバーに色んな可能性を見出すという、プロデュース力がある。。。

とはいえ、身内としてはえ?踊るの?!と、心配しか無かったですが。。。
菅尾さんの振り付けのおかげと練習の成果か、割と評判も良くて、安心しました。
(ちなみに、巡礼でのダンスは毎回踊るわけではないので、観れた方はレア体験だったかと。)


個人的なことですが、このライブの日は私達の結婚記念日でした。

10年前にはまさか、好きなバンドの一つであったASA-CHANG&巡礼の、
編成を変えた巡礼に、夫が参加するとも想像もしなかったし、
当時はテナーサックスメインで活動しており、たまにバリトンサックス、だったのが。
今やフルート、歌も、ダンスも。。。

それを思うと、私が近くでゴセッキーの活動を見ているこの10年。。
その時間の中で、物凄い『芸達者』になったものだな。。。と思いました。

ブルーのタスキをしてステージを踊り、そして歌い、楽器を持ち替え演奏する、
そんなゴセッキーを客席で見て感慨深いものがありました。


巡礼の皆さんは、ずっと続けてツアーしていたというのもあるのでしょうか
バンドのステージ上の結束力が見えましたし、
楽曲のテーマや素材は割と重かったりする内容の巡礼ですが
音楽は芸術的で面白いし、改めていいなぁ〜と思いながら見させて頂くライブでした。

次の巡礼のライブは未定だそうですが?
一ファンとしては、あのピリッとしたような、時にはとぼけたような瞬間のある、
巡礼ならではの、ライブの空気感を貰いにライブを見にいくのが楽しみです。

[PR]

# by gosekky-memo | 2017-02-22 08:25 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

映画「破門ふたりのヤクビョーガミ」音楽担当しました。

e0230090_23565661.png
ようやくこの映画が公開となりました!
というのもこの映画のお話をもらったのは2015年の秋頃でした。
ゴセッキーはジャズ部門での音楽制作を担当しました。今回は作曲、演奏共に本人の自信作です。

映画館の大きな会場で作曲した音楽が鳴り響き、
大画面でゴセッキーの名前を見て、とても信じられないような気持ちで映画を見届けました。
(途中段階のデモなどは我が家のリビングでしか聞いたことなかったので。。。)

お話も黒川博行さんの直木賞を取った作品の映画化、
破天荒なヤクザ映画ではあるのですが、痛快で面白かったです!

e0230090_23592595.png
サントラとして曲もリリースされました!

演奏メンバーは↓以下です。

ゴセッキーの、普段一緒に演奏するお気に入りのミュージシャンばかり。是非聞いてみてくださいね。

川崎太一郎(Tp)
平山順子(Sax)
後関好宏(Sax)
湯浅佳代子(Tb)
ハタヤテツヤ(Key)
仰木亮彦(Gr)
岩見けいご(Bs)
IZPON(Perc)
永田真毅(Ds)
池澤龍作(Ds)


[PR]

# by gosekky-memo | 2017-02-16 08:01 | CM音楽 | Comments(0)

在日ファンク2016振り返りphoto


2016年は2年ぶりのアルバムなので気合い入れたプロモーション活動も頑張っていた在日ファンク


ゴセッキーも、アルバム作成に対し在日ファンクでの活動で、これまでにないくらいに制作に力を入れていました。

アルバムの1曲目である「縁の下の力持ち」の作曲をし、他曲のホーンアレンジなどなど。。。

メンバーで力を合わせ産み出した結果なのか、アルバム「レインボー」はオリコン最高28位まで行ったそうです!


思い返せば、最初に在日ファンクを知った時はインディーズだったし、

ゴセッキーがメンバーとして活動することになったのは途中からでしたが、

入ったと同時くらいにハマケンが俳優業を伸ばしていく流れがありましたし、

段々と在日ファンクも話題になって、そしてメジャーになって、

TV関係のもの、舞台など華やいだお仕事が増えたものだな~と感じます。


じわじわその驚きと共に、在日ファンクを通じて色んな経験をさせてもらっているな~と感じております。

在日ファンクも今年10年目を迎えるわけですがチラッと振り返るだけでも成長が見受けられ~凄いことです!


e0230090_00231911.png
5/4 在日ファンク@J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S S
e0230090_00240357.png
在日ファンクレインボー』完成ツアー始まり!
e0230090_00232808.png
在日ファンクレインボー』完成ツアー移動中〜。ハマケンが漫画みたいな顔つき!
e0230090_00260971.png
ハマケン誕生日を祝う〜。
e0230090_00261629.png
韓国のバンドチャンギハと顔達とのライブ@大阪
数年かけてお互いの国を行き来し、とても仲良くなった両バンド、皆の笑顔が素敵な一枚。
e0230090_00233319.png
在日ファンク×Suchmos「ヘリオス・グルーヴィーナイト」 vol.26打ち上げ。
今旬のサチモスっぽい服を着て行ったら誰よりもそれっぽくなってしまった?ゴセッキー。
写真はHSUのinstagramより拝借〜。
e0230090_00262515.png
2016年最後の在日ファンクのライブはジャージ姿で締めました!@CLUB ASIA

e0230090_00575420.png
なんとハマケンがA studioに出演!取材に在日ファンクも出演しました。
オオギナが遅刻して突っ込まれてましたね〜!

と、レインボーツアーを中心に、ご紹介でした。

[PR]

# by gosekky-memo | 2017-02-14 08:08 | 在日ファンク | Comments(0)

在日ファンク「レインボー」プロモーション

昨年、ブログの更新をマメに出来なかった反省を踏まえまして(謝)

そういえばあんなこと、こんなことあったな〜というシリーズで写真をご紹介します。

在日ファンクはアルバム「レインボー」を発売しました。

2016年はレインボーツアーで全国をまわり、
幾つかのバンド活動を同時に所属しているゴセッキーですが、在日ファンクでの活動は特に多い年だったかもしれませんね。

レインボーのプロモーション活動もこなし、
ラジオ番組に何度かハマケンと公共の電波に登場しましたよ。
以下ハマケンinstagramより〜。
e0230090_22504368.png
なんと眺めのいい!j-wave!


e0230090_22503926.png
真ん中にはサッシャさんと。@J-wave.みんなTシャツに地名あり。

e0230090_22503174.png
NHK-FMに出演時、
とと姉ちゃんの撮影の合間の高畑充希ちゃんを訪れた時の。
高畑充希ちゃん自身のinstagramにもアップされており、嬉しかったシーン!


ラジオ番組に出ることは稀だったのですが、昼間にラジオを聞いていた友人が、
さっきででたよ!と、連絡くれたのもびっくりしました。


公共の電波力すごい。。。

[PR]

# by gosekky-memo | 2017-01-26 22:35 | 在日ファンク | Comments(0)