瀬戸内国際芸術祭2013へ!小豆島編

e0230090_2329437.jpg

小豆島、免許証を忘れた割にはタクシーの運転手さんの力を借りて色んなアートを巡れました。
朝一で訪れた、「花寿波島の秘密」海の中から地上に続く島の地形の絵を、逆円錐型の空間に展開されていました。壮大で美しい。
e0230090_23291593.jpg

下から見ているとこんな感じ。大きな作品です。
e0230090_2358274.jpg

ワン・ウェンチー(王文志)の作品は是非ともみたかった作品のひとつ。美しい棚田の中に麦わらぼうしのような形の竹で編まれた建物!凄い!の一言に尽きます。。。
e0230090_2328529.jpg

小豆島の名物のひとつ、エンジェルロードのある小豆島国際ホテルに宿泊しました。引き潮で道が出来て渡れるようになる時間が一日に2回だけ、神秘的。
e0230090_23305429.jpg

夜は小豆島肥土山の農村歌舞伎舞台へ、「キネマと音楽の夕べin瀬戸内」を観に行きました。
無声映画界若手の鬼才、活動弁士・坂本頼光さん、あまちゃんバンドとして今は活躍中でもあるチャンチキトルネードの3人の演奏による無声映画3本の上映。
このイベントがあるよ、と教えてくれたイワセくん、ソノコちゃん、モデルのかえちゃんと合流して大笑いしながら夜空の下で見た映画、すごく楽しかった!

これもまた偶然、小豆島に宿泊を決めてから後でこのイベントがあったのを知ったわけですが、チャンチキのサックスの鈴木くんはゴセッキーがかつて「東京中低域」に所属している時代のバンドメンバー。
久しぶりの再会でした!同じサックス同士だと、あんまり仕事で一緒にならないという宿命…。
e0230090_2330156.jpg

演奏の中で、あまちゃんの音楽を多数披露してくれたわけですが、ライブが終わって会うなり、
「ゴセキさ〜ん、あまちゃんの曲は大友さんには事前に電話してオッケーもらってから演奏しましたからね〜!」と、会うなり鈴木くんの一言が面白かった…。笑!

ミュージシャンは、人の曲を自分のライブですることの責任感があるので、ついついこういう会話になるんですね…。
それを聞いてもちろん、「や、もちろんそうでしょう…?!そんなこと疑ってないよ〜笑」と、ゴセッキー。苦笑!そんなことより、面白いイベントだったね〜!と皆でわいわいと!

東京でも滅多に会わないのに小豆島で再会することの不思議な縁でした〜。
彼らはこの後も演奏で旅を続けるそう。しばしそんなおしゃべりをして、臨時バスに飛び乗って私達はホテルに戻りました。

小豆島、本当にいいところで1泊じゃ全然まわりきれませんでしたが、またゆっくり訪れたいな、レンタカーで自分の運転で…←レンタカーで運転に未練。。。
[PR]

by gosekky-memo | 2013-09-18 08:26 | プライベート | Comments(0)

瀬戸内国際芸術祭2013へ!直島編

e0230090_23344847.jpg

この南瓜を目の前にして、直島来た!という感じ。念願のベネッセホテルに宿泊しました。
e0230090_23324365.jpg

と、チェックインして部屋に通されるなり、2日ほど楽器を触っていなくてうずうずしていたゴセッキーはフルートを練習しだす。

数日旅をしていると(ライブとかツアー以外のプライベートで)楽器に触れない時間が増えて落ち着かない、みたいな現象が。
まるで機内でタバコを吸えなかった人のような禁断症状のようだなと。
音楽が本当に好きなのね…この人!と思う瞬間であります。(ブログの主旨、「観察」っぽいことが出来た…!)
e0230090_23334349.jpg

宿泊しながらアートが楽しめる贅沢な空間…!とっても楽しかったです。ほらまた、こういう遊びも出来るし…。

e0230090_23342713.jpg

夜はミュージアムレストランで和食を頂きました。
や〜それにしてもテンションのあがるホテル。また絶対に行きたいな〜と思うのでした。
ホテル近くの「李禹煥美術館」「地中美術館」は絶対に観に行きたくてはりきって行きました。
あの場所に行ってならではの展示、素晴らしかった…。
e0230090_23515986.jpg

家プロジェクト、の展示も多数見ました。ジェームズ・タレルの「南寺」は少し時間をかける不思議な展示でした。素晴らしい!
e0230090_2347257.jpg

大竹さんの作品「はいしゃ」自由の女神の存在感にびっくり。ダイナミック!
e0230090_23554316.jpg

再び大竹さんによる銭湯。タイミングあわず利用せずでしたが、外観だけでも見れて面白かったです。


エゴラッピンのアルバムにゴセッキーは過去に2曲演奏で参加しているのですが、偶然にもエゴラッピンのアルバムに大竹さんが何かしらで関わる際に必ずゴセッキーも参加することになるという逸話が…。
「ON THE ROCKS!」の「Mothership」で参加した時には大竹さんがジャケットの絵を提供。
「steal a person's」の「10万年後の君へ」で参加した時には大竹さんが同じアルバム内の「女根の月」へ歌詞提供していたり…。
と、そんな偶然からかなり大竹さんを意識するようになりましたが、今回の瀬戸芸の旅では全ての大竹さんの作品を把握した、と言える程にがっつりと見てきました。これも、何かのご縁かと思って…。
実際に作品を沢山拝見出来て嬉しかったです。建物の作品などは、やはり実際に見るといいですね〜その場所ならではの作品を観に行くってなんて贅沢で楽しいのでしょう♪

あ、もう少し旅のブログは続きます…!
[PR]

by gosekky-memo | 2013-09-17 08:06 | プライベート | Comments(0)

瀬戸内国際芸術祭2013へ!男木島〜女木島編

e0230090_22282822.jpg

「昭和40年会」昭和40年生まれの6人のアーティストが教員となって開校した,
大人になって入学できる小学校。の、会場の男木小学校へ。玄関で「やりなおせ!」というメッセージが出迎えてくれます。
e0230090_2229859.jpg

ミラールーム。
e0230090_22284935.jpg

部屋に机が一個だけ、鏡には奥に連なる机、男木島の過疎化に対する、その願いなどをテーマにしているのでしょうか。
e0230090_22293720.jpg

島でフィールドレコーディングされた音を用いた音響作品が流れる理科実験室。色んな位置から聞いてみたりして、ゴセッキーは特にこの作品に興味津々のようでした。
e0230090_2249219.jpg

「肉体塾」と書かれた部屋では卓球が出来ます。移動に注意を要する教室、という…。確かにこのカラフルひもをくぐって歩くのは困難で、卓球するのは意外にたのしくやれました笑

さて、小学校を楽しんでからは波に足の生えた作品を見に。
e0230090_22304789.jpg

結構大きい作品!壮大で、遠くから見ても可愛い。
e0230090_22534292.jpg

さて、男木島を堪能してフェリーで移動して女木島へ。
e0230090_2235755.jpg

カモメがフェリー口でお出迎え。可愛い!
一瞬本物に見えますが、あまりに規則的に並んでいるため、作品か…!と。風の向きに一斉に作品のカモメ達が同じ向きになるのがなんとも可愛い作品。
e0230090_22565885.jpg

大竹伸朗さんの「女根」です。どーん!自然と、ぱきっとした色合いが素敵な作品。アヴァンギャルド!
e0230090_2332653.jpg

余談ですが、ゴセッキーが参加しているエゴラッピンのニューアルバム「stealaperson'sheart」に入っている「女根の月」は大竹さんが作詞しています。
PVにはこの作品はもちろん、ロケ地が女木島。フェリー乗り場のカモメ、鬼が島の洞窟などなど、女木島の魅力が満載です。


鬼が島の洞窟へ。洞窟の中はクーラーが効いているかの様な涼しさにびっくり!

e0230090_2365217.jpg

今回の瀬戸芸の作品の展示があったりして瀬戸芸ならではの楽しみ方が出来た洞窟内。
e0230090_22312696.jpg

と…。鬼がいるとついついこういう写真を撮って遊びたくなってしまう。。。

紫鬼VSゴセッキー

鬼に負けるな〜、頑張れゴセッキー!     

e0230090_22315123.jpg


鬼との戦いの末、鬼に認めてもらったゴセッキーは作戦会議に参加させてもらえるように。 

あ、完全に鬼で遊んでます…。
e0230090_23183917.jpg

ひ〜〜気楽に、鬼〜♪なんて言いながら洞窟を歩いていましたが、急に鬼を容疑者的な目で見てしまうような部屋の説明書きが…。信じらんない、鬼…。と、急に怒りがこみ上げる嫁なのでした。。。
e0230090_22323130.jpg

中にはこんな説明書きが…。底知れぬバイタリティーって…言葉遣い、ちょっと好きです。
e0230090_23244593.jpg

最後は桃太郎と…!めでたしめでたし〜。
[PR]

by gosekky-memo | 2013-09-16 23:25 | プライベート | Comments(0)