カテゴリ:ASA-CHANG&巡礼( 19 )

ASA-CHANG&巡礼&康本雅子@六本木アートナイト

e0230090_22170402.jpeg
9月30日(土)六本木アートナイトのメインステージで、
ASA-CHANG&巡礼&康本雅子のパフォーマンスが公開されました。
アートナイトとあって、物凄いたくさんの人が集まり、ヒルズの色んなところから見守る会場のお客さん。

この日はバイオリンの杏ちゃんのピンチヒッターに、
D.A.N.などのサポート、ソロ活動でも活躍している
小林うてなちゃんがスティールパンで参加、
バイオリンに変わるスティールパンもいい感じで巡礼の曲にぴったりマッチしていました。


そして、康本さんのダンス。
巡礼が演奏する前で、頭に紙袋を被って激しく舞う「まほう」。

ちなみにゴセッキーがマイクを取る楽曲なので、妻の私は毎度ドキドキしますね
ゴセッキー元々はサックス奏者なので、きっとまだ歌っている姿に見慣れないのでしょう。
と、自分を客観視してみたりしておりますが。。。

さて康本さんは、観客の一人をステージ上に上げて、しばし即興で一緒に踊るようにして
めちゃくちゃ絡みます(笑)
男性は半ば困り顔を見せながらも、いい感じにその相手役を務めていらっしゃいました。

後で康本さんに聞いた話、
「誰にしようかな〜とインスピレーションで、と思っていたんだけど
すぐにいい人見つかっちゃったもんだから悩んだんだけど、あの人にしたの。良かったよねぇ〜」
と、茶目っ気たっぷりに仰ってました。
実際、いい味出てました、あのお客さんもお疲れさまです!


写真を見てもおわかりのように、舞台が物凄い豪華な仕様。
六本木アートナイトの舞台は蜷川実花氏Produceだったので、
香港のネオン、モロッコ、東欧〜アジアを感じさせる面白い素敵な舞台でした。
そんな環境での巡礼のライブを見られてとても贅沢で、感無量でした。



先日は名古屋でSandro Perri (サンドロ・ペリ) の初来日ツアーにゲスト参加した巡礼、
次回は「晴れたら空に豆まいて」にて。押見先生とのスペシャルライブです。
どうかお見逃しなく!



アウフヘーベン! vol.4
押見修造 × ASA-CHANG&巡礼

漫画:押見修造
音楽:ASA-CHANG&巡礼

日時:2017年10月30日(月)19:00開場/19:30開演
会場:晴れたら空に豆まいて 
料金:前売3500円、学生2800円、当日3800円
☆チケット予約はpeatixより





[PR]

by gosekky-memo | 2017-10-16 22:44 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

ASA-CHANG@ピラミッドガーデン

e0230090_17365385.jpg
ASA-CHANG&巡礼、
今回はASA-CHANG、ゴセッキー、小田ちゃん、ダンサー菅尾さんの
4人のメンバーでお送りするフジロック@ピラミッドガーデン!
e0230090_17372460.jpg
朝のヨガがライブ前にあったので、そちらを一時間受けて、身も心もスッキリとした気持ちで
巡礼のライブに臨みました。

今回、ダンサーの菅尾さんがゲストということで、一曲目の「アオイロ賛歌」では楽しく
コミカルな振り付けを表情一つ変えずに菅尾さんが、演奏するメンバーの周りを踊ります。


そして、海峡という曲をやる前に朝倉さんが
「フジロックに海を持ってきました。」
と言って演奏を始めます。間もなく巡礼トロニクスから荒波の音が・・・。

客席の後ろの方から、海女の格好をした菅尾さんが曲に合わせて踊りながらステージにどんどん近づき、
見ているお客さんも思わずニヤニヤ。

そして、演奏していたゴセッキーが楽器を置いて立ち上がる。。。
(PAの方が、演奏やめて立ち上がるゴセッキーを見て何かトラブル?!と、驚いた顔。。)
問題ないですよ〜と笑顔をPAさんに向けてから突如、菅尾さんと踊りだすゴセッキー。

e0230090_17371337.jpg
e0230090_17370820.jpg
なんとまた久々にゴセッキーさん、ダンサーと化す。。。
非常に楽しい、フジロック一発目のライブでした!
とはいえ、初めて巡礼の曲を聴いた方々は歌詞がかなり衝撃的だったところもあったそうで
(「告白」の歌詞は実話ですしね。)
その絶妙なバランス感、も他にないバンドの良さですよね、
ASA-CHANG&巡礼は素晴らしいなと、いつも思います。

e0230090_17371866.jpg
ライブの後はメンバー自ら新しい巡礼Tシャツや音源を販売し、ファンの方々と交流中。

ライブの様子を田畑“10”猛さんが詳しく丁寧にレポされており、写真も鮮やかで綺麗なので、
ぜひフジロックエクスプレスのこちらを読んでみてくださいね。
e0230090_18015785.png
巡礼でフジロック出演するので、苗場は夜寒いし丁度いい巡礼ジャージ。と思い、

前夜祭楽しんでまーす♡と、
巡礼ジャージを着た私達の写真を朝倉さんにLINEして送ったら、

巡礼ジャージ着てる!

と、喜んでくれたようで、公式に写真UPしたい!とまさかのリクエスト!!!
急遽写真を撮り直してこうなりました。。
ありがとうございました(汗)

ちなみに、巡礼ジャージの在庫はゴセッキーの色のタイプで
女性のサイズのみとなっているそうです。
お買い求めの際はおそらくライブ会場となると思いますので、
欲しい方はどうぞ次の巡礼のライブ会場にて、ゲットしてくださいね!
非常に着心地いいです。


[PR]

by gosekky-memo | 2017-07-27 16:00 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

FUJI ROCK FESTIVAL '17に出演します。


e0230090_23500410.png
今年のフジロック、昨年に続き出演いたします。

1日目のPYRAMID GARDENにて10時半〜ASA-CHANG&巡礼です。
バイオリンの杏ちゃんが今回はお休みで、小田ちゃんが参加します。
ゲストにコンテンポラリーダンサーの菅尾なぎささんが出演!豪華仕様です。
e0230090_00095037.png
e0230090_23553152.png
会場ではこちらの巡礼Tも販売されますので〜フジにいらっしゃる皆様、要チェックです。
e0230090_23503941.png
ダンサーの菅尾さんのツイッターより。フジロック用のリハーサル風景ですね。
楽しみでワクワクしちゃいます!

さて、今年のフジロック3日目にもゴセッキー自身が、とあるバンドでのゲスト出演が決まりましたが、
まだそちらの情報が公開になっておらずなのでやんわりと告知しておきます。
情報解禁までお楽しみに!
(赤いステージだったような。。。)



昨年は3日間で4バンドの出演、今年は2バンドの参加となります。
なんだかんだと、例年フジロックに参加することに
なり、有難いことです。

 嫁の私も、ゴセッキーのローディーとして(と、便乗しておりますが)苗場までの車の運転を頑張ります!
フジロック楽しみましょう〜♩


[PR]

by gosekky-memo | 2017-07-26 00:08 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

commmons: schola vol.16 Ryuichi Sakamoto Selections:Japanese Pop Music

commmons: schola vol.16 Ryuichi Sakamoto Selections:Japanese Pop Music

e0230090_22352960.png
¥8,500(税別)
[CDアルバム]
2016/12/21発売

こちらのリリースを紹介するのが遅くなりましたが。。

坂本龍一総合監修による『音楽の学校(=schola)』
第16巻のテーマは「日本の歌謡曲・ポップス」坂本龍一が選ぶ、日本歌謡史の名曲を一挙収録!

  1. 赤とんぼ/大貫妙子&坂本龍一
  2. 青空/二村定一
  3. 洒落男/榎本健一
  4. 丘を越えて/藤山一郎
  5. 東京ラプソディ/藤山一郎
  6. リンゴの唄/並木路子、霧島昇
  7. 青い山脈/藤山一郎、奈良光枝
  8. リンゴ追分/美空ひばり
  9. お富さん/春日八郎
  10. 誰よりも君を愛す/松尾和子、和田弘とマヒナスターズ
  11. 達者でナ/三橋美智也
  12. 上を向いて歩こう/坂本九
  13. 悲しくてやりきれない/ザ・フォーク・クルセダーズ
  14. くれないホテル/西田佐知子
  15. 圭子の夢は夜ひらく/藤圭子
  16. 教訓I/加川良
  17. ひこうき雲/荒井由実
  18. ほうろう/小坂忠
  19. DOWN TOWN/シュガー・ベイブ
  20. ばらの花/くるり
  21. 爆弾こわい/在日ファンク
  22. エンディング/ASA-CHANG&巡礼

坂本龍一さんのスコラは私も拝見しておりました。大人の音楽の授業といった感じで
すごく好きな番組のひとつです。

というわけで。。。
赤字に示した通り、ゴセッキーは2曲メンバーとして参加しております。
まさかこの日本の歴史的名曲ばかりの並びの中に、在日ファンク、そしてASA-CHANG&巡礼が選ばれるとは!

坂本龍一さん、どうもありがとうございます!
みなさまもどうか、聞いてみてくださいね。

[PR]

by gosekky-memo | 2017-07-12 08:07 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

ASA-CHANG&巡礼「まほう」ツアーファイナル

e0230090_00272011.png
ASA-CHANG&巡礼「まほう」ツアーファイナルを迎えました。全国12都市をこなし、2017年2月3日に六本木のスーパーデラックスで千秋楽を迎えました。
ダンサーの菅尾なぎささん、唐本雅子さんをゲストに迎えて。とても素晴らしい舞台でした。

なんと、ゴセッキーも実はダンサーとして踊りました。。

朝倉さんはなんでもメンバーに色んな可能性を見出すという、プロデュース力がある。。。

とはいえ、身内としてはえ?踊るの?!と、心配しか無かったですが。。。
菅尾さんの振り付けのおかげと練習の成果か、割と評判も良くて、安心しました。
(ちなみに、巡礼でのダンスは毎回踊るわけではないので、観れた方はレア体験だったかと。)


個人的なことですが、このライブの日は私達の結婚記念日でした。

10年前にはまさか、好きなバンドの一つであったASA-CHANG&巡礼の、
編成を変えた巡礼に、夫が参加するとも想像もしなかったし、
当時はテナーサックスメインで活動しており、たまにバリトンサックス、だったのが。
今やフルート、歌も、ダンスも。。。

それを思うと、私が近くでゴセッキーの活動を見ているこの10年。。
その時間の中で、物凄い『芸達者』になったものだな。。。と思いました。

ブルーのタスキをしてステージを踊り、そして歌い、楽器を持ち替え演奏する、
そんなゴセッキーを客席で見て感慨深いものがありました。


巡礼の皆さんは、ずっと続けてツアーしていたというのもあるのでしょうか
バンドのステージ上の結束力が見えましたし、
楽曲のテーマや素材は割と重かったりする内容の巡礼ですが
音楽は芸術的で面白いし、改めていいなぁ〜と思いながら見させて頂くライブでした。

次の巡礼のライブは未定だそうですが?
一ファンとしては、あのピリッとしたような、時にはとぼけたような瞬間のある、
巡礼ならではの、ライブの空気感を貰いにライブを見にいくのが楽しみです。

[PR]

by gosekky-memo | 2017-02-22 08:25 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

FUJIROCK FESTIVAL 2016①

FUJIROCK FESTIVAL 2016

今年はフジロックに行ってきました。一昨年は3バンド(WUJA BIN BIN,Rickie-G,Hotel new Tokyo)出演したゴセッキーでしたが、
今年はASA-CHANG&巡礼、在日ファンク、Hotel new Tokyo、ケロポンズの4バンドに参加してきました。
よ、4???って感じですが無事に終了しました!
こんなにお誘いあって嬉しい限りです。

私は運転手で一緒に同行し、ちゃっかりとフェスを堪能させて頂きました。
順を追ってレポートして行きますね!

東京から苗場まで車でなんだかんだ4時間くらいかかり到着。既に駐車場で色んなアーティストが会場入りして
ワクワク感。長靴に履き替えて、ASA-CHANG&巡礼が演奏する奥深いステージ「カフェドパリ」へ。
e0230090_17162617.jpg
中に入るとシルクが美しいテントの天井を見上げつつ健康的なポールダンスを鑑賞。
e0230090_17162992.jpg
ASA-CHANG&巡礼は前の方で観ていましたが、演奏が始まるとどんどん人が増えて来る…。
新生巡礼としては初の出演、かつて巡礼はタブラの編成だったので
昔から毎年来ているフジロッカーのような方々が観たら、きっとその変わり様に驚かれたのでは。
また新曲の深みに誰もが吸い込まれ心打たれているんだろうな…、
と虫の鳴き声と交じって聞こえる音楽に耳を傾け。
こんな山奥で沢山の人と音楽を共有する時間はなんと贅沢な事か…。これがフェスの醍醐味!

ライブが終わった後は「カフェドパリ」名物のモヒートを乾杯する朝倉団長とゴセッキー。
e0230090_17164755.jpg
ひとまずゴセッキーさんの今日のお仕事は終了なので、ライブを見にホワイトステージへ移動。
「The Internet」を体感。Vo.のSyd Tha Kidはワイルドないでたちなのに、声と顔出ちに女性らしい甘さが見え隠れしてかわいい…。音楽はめちゃくちゃクールで今っぽさが凄くて洗練されている…!と感動してしまいました。
とってもいいもの観た…でした。


苗場プリンスホテル宿泊の為、「The Internet」を観た後チェックインへ。
出演者当日の楽屋エリアを通過。アーティストの名前が書かれた廊下を通過するのがミーハーな私にはワクワク感。
e0230090_17164116.jpg
e0230090_17164439.jpg
ニヤニヤしながら歩いてしまいました。
数々の素晴らしい音楽を生み出した人達がこの3日間で集結するって本当に感動もの…考えるだけで高まります。

部屋についてひとまず「ポケモンGO」をDLし(笑)、ゴセッキーの背中に出て来たモンスター!
e0230090_17163921.png
今流行っていますね〜。(※苗場よりも、都内の方が沢山いて驚きました…笑) 
ポケモンは待ち時間のいい暇つぶし&話題になってすごく良かったです。
さあ1日目の夜はこれから…!だったのですが、初日からぐったり体力を奪われてしまい、翌朝まで寝てしまいました…。
トホホ…。
というわけで翌日にご期待?ください。。
レポートは続きます
[PR]

by gosekky-memo | 2016-08-21 17:24 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

映画『合葬』ASA-CHANG&巡礼がサントラを製作

e0230090_0401967.png

原作、杉浦日向子『合葬』の映画音楽をASA-CHANG&巡礼が製作を手掛けました。
語りはカヒミ姫です!出演者も豪華…。

e0230090_041837.jpg


e0230090_0414277.png



映画公開は秋公開ですが是非ご覧下さい、私もまだ見てないので気になってます。


『合葬』

2015年9月26日(土)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや
原作:杉浦日向子『合葬』(筑摩書房)
音楽:ASA-CHANG&巡礼
ナレーション:カヒミ・カリィ
出演:
柳楽優弥
瀬戸康史
岡山天音
門脇麦
桜井美南
井之脇海
高山侑子
藤原令子
隆大介
飴屋法水
峯村リエ
小市慢太郎
りりィ
オダギリジョー
配給:松竹メディア事業部
[PR]

by gosekky-memo | 2015-06-17 08:00 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

Space Shower Digital Archives X- ~アウフヘーベン!vol.3 押見修造×ASA-CHANG&巡礼~

e0230090_0135025.jpg

5/26(火)25時〜スペースシャワーTVにて、
ASA-CHANG&巡礼によるアウフヘーベン!第3弾は、「悪の華」等で知られる漫画家・押見修造との異色のコラボレーションを放送!
ライブ映像は放送後 www.dax.tvにアーカイブ予定です。
e0230090_01562.png

ライブの報告がこのタイミングになってしまいましたが、あの素晴らしい時間がTVでシェアされるとはなんと嬉しいことでしょう。
「悪の華」はASA-CHANG&巡礼の「花」を聴いた押見先生が作品を作るきっかけとなり、
そんな由来から「悪の華」のアニメ化、エンディングテーマ曲に新生ASA-CHANG&巡礼での「花 -a last flower-」を起用されることとなり。
現在の新生巡礼は押見先生が導いてくれたといっても他言は無いと思います。
今回はアウフヘーベン!のイベントとして締めくくりにふさわしいアーティスト押見先生だったかと思います。
e0230090_0135973.jpg

ライブの最後には描かれた漫画が次々にプリントアウトされ床に散る…。
TVで多くの人とあの濃厚な時間を全時間では無いとはいえシェア出来るのは、スペースシャワーさまありがとうございます!

放送されるかはわかりませんが、ライブでは新曲2曲披露されました。

前回のアウフヘーベンで参加頂いた勅使河原さんのプロフィールになぞった「告白」
こちらは杏ちゃんがボーカルを。切なくて美しいです。感動して泣けます…!

そして押見先生の作品「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の中で歌われている曲を実際に
巡礼が再現する曲、「まほう」
こちらはボーカルをゴセッキーがやっております…!まさかの、まさかのボーカルですがこれもまた
いいんですよ〜。是非皆様に聴いて頂きたい…!

e0230090_0291314.jpg

終演後、押見先生の机の上。観客の皆さん、滅多に見れない光景にしばし机周りを見ておられました。
e0230090_0133640.jpg

ASA-CHANG&巡礼と押見修造
e0230090_0141581.jpg

ASA-CHANG&巡礼と押見修造、打ち上げ中♪

また先生と何か企画出来るといですね♪と話しました。


余談で…この日は3月10日だったのですが、
実はASA-CHANG、ゴセッキー、PA葛西さんと震災のあった2011年の3月11日に「鈴木先生」のレコーディングをしていました。私も同じく同席しており偶然にもほぼあの日に居た4人が同じ日にまた別のことで集まるという偶然なのか運命なのか…感慨深い日でもありました。

今後の巡礼にもご期待ください♪
[PR]

by gosekky-memo | 2015-05-27 00:30 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

9/23 室伏鴻 × ASA-CHANG&巡礼

e0230090_21282854.jpg

ブログの更新が滞ってしまったので、順に報告していきます…♪

待ちに待った、新生ASA-CHANG&巡礼の活動が再開。

ASA-CHANG&巡礼ライブシリーズ
『アウフヘーベン!vol.1 室伏鴻×ASA-CHANG&巡礼』
音楽:ASA-CHANG&巡礼(ASA-CHANG、後関好宏、須原杏)
パフォーマンス:室伏鴻

2014年9月23日(火・祝)at CAY(青山)

音楽家でありながら、「ダンス公演」をライブスタイルとし、音楽性のみならず、世界観やライブスタイルにおいても、既存の枠組みから自由な活動を展開してきたASA-CHANG&巡礼と、「アンチ・ダンス」を掲げ、独自のスタイルを貫きヨーロッパを中心に高い評価を得ている孤高の舞踏家・室伏鴻。二組のアーティストに共通する、既存の枠組みから逸脱し続けるその天邪鬼なスタンスと、しかしながら決してアンダーグランドにはならないポップなセンスが交錯し、新たなライブ・パフォーマンスの地平を切り拓く!

【「アウフヘーベン」とは?】
ドイツの哲学者であるヘーゲルが提唱した概念。「止揚」とも言う。
古いものが否定されて新しいものが現れる際、古いものが持っている内容のうち積極的な要素が新しく高い段階として保持されること。

ライブが始まる前の会場の雰囲気はお客さんの期待感溢れるムードで高まっていました。
それもそのはず、チケットはSOLD OUT!満員御礼でした。

室伏鴻さんのパフォーマンスは日本で見られる事がなかなか無いことだそうで、
舞踏と巡礼の音楽のコラボレーションはどんなものになるのか、
誰もが想像のつかないパフォーマンス。ドキドキ…。

開演し、音楽をバックに体を動かして表現する舞踏家の室伏鴻さん、
全身に銀色のカラーリングをまとっての動き。
新生巡礼の音楽とのコラボレーションは怖く美しく、以前の巡礼とはアレンジも違うし、
実は色んな聴き所がある新生巡礼。

どうなっていくんだろう…!という気持ちで最後まで時間が駆け抜け見届けて行ったという感じでした。
e0230090_2152671.jpg


こちらの巡礼ボックス製作は岡村陽子さんによるもの。
新生巡礼のイメージアイコンにもなっているタスキがモチーフのひとつに、シンプルかつモダンな印象に仕上げてくださりました。
こちらのボックスの中でメンバーは演奏をします。
あえて、演奏の姿を観客に見せない事、の表現のひとつなのだそうです。

e0230090_21562624.jpg

ライブの後に、メンバーの衣装のタスキを制作して下さった「&WEDNESDAY」裕子さんとパチリ!
可愛いタスキを作成頂きありがとうございました♡

『アウフヘーベン!』は三部作、
残す二回の公演ではまたどんな刺激を私達に与えてくれるのか…、乞うご期待!
[PR]

by gosekky-memo | 2014-12-16 21:23 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(2)

ASA-CHANG & ゴセッキー

e0230090_004164.jpg

ご存知ASA-CHANGと。
色んな所で忙しく活躍されているドラマーでありパーカッションの方。
そんなこの方とは今や新生ASA-CHANG&巡礼メンバーとして繋がっているとは。。。

そういえば、あの震災の日の夜(2011/3/11)大友さんのドラマの劇判(「鈴木先生」)でもスタジオで一緒に作業を進めているという状況でした。
そして今年まさかエゴラッピンのバンドメンバーでも一緒になるとは!


いつも面白い話をしてくださり、そしてとっても気遣いの方でいらっしゃるASA-CHANG

以前はキョンキョンのヘアメイクを担当されていたというから、それもまた凄い腕の持ち主…。
スカパラの創始者でもあるし…。と、素晴らしさを挙げたらきりがないお方です。
e0230090_00994.png

以前告知していましたが、新生ASA-CHANG&巡礼が参加した、
ブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュートアルバム『Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~』 が発売となりました。

新生ASA-CHANG&巡礼の楽曲は、凄く斬新な出来映えですので、絶対聴いて下さいね!
[PR]

by gosekky-memo | 2014-05-25 23:58 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)