ASA-CHANG&巡礼「まほう」ツアーファイナル

e0230090_00272011.png
ASA-CHANG&巡礼「まほう」ツアーファイナルを迎えました。全国12都市をこなし、2017年2月3日に六本木のスーパーデラックスで千秋楽を迎えました。
ダンサーの菅尾なぎささん、唐本雅子さんをゲストに迎えて。とても素晴らしい舞台でした。

なんと、ゴセッキーも実はダンサーとして踊りました。。

朝倉さんはなんでもメンバーに色んな可能性を見出すという、プロデュース力がある。。。

とはいえ、身内としてはえ?踊るの?!と、心配しか無かったですが。。。
菅尾さんの振り付けのおかげと練習の成果か、割と評判も良くて、安心しました。
(ちなみに、巡礼でのダンスは毎回踊るわけではないので、観れた方はレア体験だったかと。)


個人的なことですが、このライブの日は私達の結婚記念日でした。

10年前にはまさか、好きなバンドの一つであったASA-CHANG&巡礼の、
編成を変えた巡礼に、夫が参加するとも想像もしなかったし、
当時はテナーサックスメインで活動しており、たまにバリトンサックス、だったのが。
今やフルート、歌も、ダンスも。。。

それを思うと、私が近くでゴセッキーの活動を見ているこの10年。。
その時間の中で、物凄い『芸達者』になったものだな。。。と思いました。

ブルーのタスキをしてステージを踊り、そして歌い、楽器を持ち替え演奏する、
そんなゴセッキーを客席で見て感慨深いものがありました。


巡礼の皆さんは、ずっと続けてツアーしていたというのもあるのでしょうか
バンドのステージ上の結束力が見えましたし、
楽曲のテーマや素材は割と重かったりする内容の巡礼ですが
音楽は芸術的で面白いし、改めていいなぁ〜と思いながら見させて頂くライブでした。

次の巡礼のライブは未定だそうですが?
一ファンとしては、あのピリッとしたような、時にはとぼけたような瞬間のある、
巡礼ならではの、ライブの空気感を貰いにライブを見にいくのが楽しみです。

[PR]

by gosekky-memo | 2017-02-22 08:25 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

FUJIROCK FESTIVAL 2016①

FUJIROCK FESTIVAL 2016

今年はフジロックに行ってきました。一昨年は3バンド(WUJA BIN BIN,Rickie-G,Hotel new Tokyo)出演したゴセッキーでしたが、
今年はASA-CHANG&巡礼、在日ファンク、Hotel new Tokyo、ケロポンズの4バンドに参加してきました。
よ、4???って感じですが無事に終了しました!
こんなにお誘いあって嬉しい限りです。

私は運転手で一緒に同行し、ちゃっかりとフェスを堪能させて頂きました。
順を追ってレポートして行きますね!

東京から苗場まで車でなんだかんだ4時間くらいかかり到着。既に駐車場で色んなアーティストが会場入りして
ワクワク感。長靴に履き替えて、ASA-CHANG&巡礼が演奏する奥深いステージ「カフェドパリ」へ。
e0230090_17162617.jpg
中に入るとシルクが美しいテントの天井を見上げつつ健康的なポールダンスを鑑賞。
e0230090_17162992.jpg
ASA-CHANG&巡礼は前の方で観ていましたが、演奏が始まるとどんどん人が増えて来る…。
新生巡礼としては初の出演、かつて巡礼はタブラの編成だったので
昔から毎年来ているフジロッカーのような方々が観たら、きっとその変わり様に驚かれたのでは。
また新曲の深みに誰もが吸い込まれ心打たれているんだろうな…、
と虫の鳴き声と交じって聞こえる音楽に耳を傾け。
こんな山奥で沢山の人と音楽を共有する時間はなんと贅沢な事か…。これがフェスの醍醐味!

ライブが終わった後は「カフェドパリ」名物のモヒートを乾杯する朝倉団長とゴセッキー。
e0230090_17164755.jpg
ひとまずゴセッキーさんの今日のお仕事は終了なので、ライブを見にホワイトステージへ移動。
「The Internet」を体感。Vo.のSyd Tha Kidはワイルドないでたちなのに、声と顔出ちに女性らしい甘さが見え隠れしてかわいい…。音楽はめちゃくちゃクールで今っぽさが凄くて洗練されている…!と感動してしまいました。
とってもいいもの観た…でした。


苗場プリンスホテル宿泊の為、「The Internet」を観た後チェックインへ。
出演者当日の楽屋エリアを通過。アーティストの名前が書かれた廊下を通過するのがミーハーな私にはワクワク感。
e0230090_17164116.jpg
e0230090_17164439.jpg
ニヤニヤしながら歩いてしまいました。
数々の素晴らしい音楽を生み出した人達がこの3日間で集結するって本当に感動もの…考えるだけで高まります。

部屋についてひとまず「ポケモンGO」をDLし(笑)、ゴセッキーの背中に出て来たモンスター!
e0230090_17163921.png
今流行っていますね〜。(※苗場よりも、都内の方が沢山いて驚きました…笑) 
ポケモンは待ち時間のいい暇つぶし&話題になってすごく良かったです。
さあ1日目の夜はこれから…!だったのですが、初日からぐったり体力を奪われてしまい、翌朝まで寝てしまいました…。
トホホ…。
というわけで翌日にご期待?ください。。
レポートは続きます
[PR]

by gosekky-memo | 2016-08-21 17:24 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

映画『合葬』ASA-CHANG&巡礼がサントラを製作

e0230090_0401967.png

原作、杉浦日向子『合葬』の映画音楽をASA-CHANG&巡礼が製作を手掛けました。
語りはカヒミ姫です!出演者も豪華…。

e0230090_041837.jpg


e0230090_0414277.png



映画公開は秋公開ですが是非ご覧下さい、私もまだ見てないので気になってます。


『合葬』

2015年9月26日(土)から新宿ピカデリーほか全国で公開
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや
原作:杉浦日向子『合葬』(筑摩書房)
音楽:ASA-CHANG&巡礼
ナレーション:カヒミ・カリィ
出演:
柳楽優弥
瀬戸康史
岡山天音
門脇麦
桜井美南
井之脇海
高山侑子
藤原令子
隆大介
飴屋法水
峯村リエ
小市慢太郎
りりィ
オダギリジョー
配給:松竹メディア事業部
[PR]

by gosekky-memo | 2015-06-17 08:00 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

Space Shower Digital Archives X- ~アウフヘーベン!vol.3 押見修造×ASA-CHANG&巡礼~

e0230090_0135025.jpg

5/26(火)25時〜スペースシャワーTVにて、
ASA-CHANG&巡礼によるアウフヘーベン!第3弾は、「悪の華」等で知られる漫画家・押見修造との異色のコラボレーションを放送!
ライブ映像は放送後 www.dax.tvにアーカイブ予定です。
e0230090_01562.png

ライブの報告がこのタイミングになってしまいましたが、あの素晴らしい時間がTVでシェアされるとはなんと嬉しいことでしょう。
「悪の華」はASA-CHANG&巡礼の「花」を聴いた押見先生が作品を作るきっかけとなり、
そんな由来から「悪の華」のアニメ化、エンディングテーマ曲に新生ASA-CHANG&巡礼での「花 -a last flower-」を起用されることとなり。
現在の新生巡礼は押見先生が導いてくれたといっても他言は無いと思います。
今回はアウフヘーベン!のイベントとして締めくくりにふさわしいアーティスト押見先生だったかと思います。
e0230090_0135973.jpg

ライブの最後には描かれた漫画が次々にプリントアウトされ床に散る…。
TVで多くの人とあの濃厚な時間を全時間では無いとはいえシェア出来るのは、スペースシャワーさまありがとうございます!

放送されるかはわかりませんが、ライブでは新曲2曲披露されました。

前回のアウフヘーベンで参加頂いた勅使河原さんのプロフィールになぞった「告白」
こちらは杏ちゃんがボーカルを。切なくて美しいです。感動して泣けます…!

そして押見先生の作品「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」の中で歌われている曲を実際に
巡礼が再現する曲、「まほう」
こちらはボーカルをゴセッキーがやっております…!まさかの、まさかのボーカルですがこれもまた
いいんですよ〜。是非皆様に聴いて頂きたい…!

e0230090_0291314.jpg

終演後、押見先生の机の上。観客の皆さん、滅多に見れない光景にしばし机周りを見ておられました。
e0230090_0133640.jpg

ASA-CHANG&巡礼と押見修造
e0230090_0141581.jpg

ASA-CHANG&巡礼と押見修造、打ち上げ中♪

また先生と何か企画出来るといですね♪と話しました。


余談で…この日は3月10日だったのですが、
実はASA-CHANG、ゴセッキー、PA葛西さんと震災のあった2011年の3月11日に「鈴木先生」のレコーディングをしていました。私も同じく同席しており偶然にもほぼあの日に居た4人が同じ日にまた別のことで集まるという偶然なのか運命なのか…感慨深い日でもありました。

今後の巡礼にもご期待ください♪
[PR]

by gosekky-memo | 2015-05-27 00:30 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

9/23 室伏鴻 × ASA-CHANG&巡礼

e0230090_21282854.jpg

ブログの更新が滞ってしまったので、順に報告していきます…♪

待ちに待った、新生ASA-CHANG&巡礼の活動が再開。

ASA-CHANG&巡礼ライブシリーズ
『アウフヘーベン!vol.1 室伏鴻×ASA-CHANG&巡礼』
音楽:ASA-CHANG&巡礼(ASA-CHANG、後関好宏、須原杏)
パフォーマンス:室伏鴻

2014年9月23日(火・祝)at CAY(青山)

音楽家でありながら、「ダンス公演」をライブスタイルとし、音楽性のみならず、世界観やライブスタイルにおいても、既存の枠組みから自由な活動を展開してきたASA-CHANG&巡礼と、「アンチ・ダンス」を掲げ、独自のスタイルを貫きヨーロッパを中心に高い評価を得ている孤高の舞踏家・室伏鴻。二組のアーティストに共通する、既存の枠組みから逸脱し続けるその天邪鬼なスタンスと、しかしながら決してアンダーグランドにはならないポップなセンスが交錯し、新たなライブ・パフォーマンスの地平を切り拓く!

【「アウフヘーベン」とは?】
ドイツの哲学者であるヘーゲルが提唱した概念。「止揚」とも言う。
古いものが否定されて新しいものが現れる際、古いものが持っている内容のうち積極的な要素が新しく高い段階として保持されること。

ライブが始まる前の会場の雰囲気はお客さんの期待感溢れるムードで高まっていました。
それもそのはず、チケットはSOLD OUT!満員御礼でした。

室伏鴻さんのパフォーマンスは日本で見られる事がなかなか無いことだそうで、
舞踏と巡礼の音楽のコラボレーションはどんなものになるのか、
誰もが想像のつかないパフォーマンス。ドキドキ…。

開演し、音楽をバックに体を動かして表現する舞踏家の室伏鴻さん、
全身に銀色のカラーリングをまとっての動き。
新生巡礼の音楽とのコラボレーションは怖く美しく、以前の巡礼とはアレンジも違うし、
実は色んな聴き所がある新生巡礼。

どうなっていくんだろう…!という気持ちで最後まで時間が駆け抜け見届けて行ったという感じでした。
e0230090_2152671.jpg


こちらの巡礼ボックス製作は岡村陽子さんによるもの。
新生巡礼のイメージアイコンにもなっているタスキがモチーフのひとつに、シンプルかつモダンな印象に仕上げてくださりました。
こちらのボックスの中でメンバーは演奏をします。
あえて、演奏の姿を観客に見せない事、の表現のひとつなのだそうです。

e0230090_21562624.jpg

ライブの後に、メンバーの衣装のタスキを制作して下さった「&WEDNESDAY」裕子さんとパチリ!
可愛いタスキを作成頂きありがとうございました♡

『アウフヘーベン!』は三部作、
残す二回の公演ではまたどんな刺激を私達に与えてくれるのか…、乞うご期待!
[PR]

by gosekky-memo | 2014-12-16 21:23 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(2)

ASA-CHANG & ゴセッキー

e0230090_004164.jpg

ご存知ASA-CHANGと。
色んな所で忙しく活躍されているドラマーでありパーカッションの方。
そんなこの方とは今や新生ASA-CHANG&巡礼メンバーとして繋がっているとは。。。

そういえば、あの震災の日の夜(2011/3/11)大友さんのドラマの劇判(「鈴木先生」)でもスタジオで一緒に作業を進めているという状況でした。
そして今年まさかエゴラッピンのバンドメンバーでも一緒になるとは!


いつも面白い話をしてくださり、そしてとっても気遣いの方でいらっしゃるASA-CHANG

以前はキョンキョンのヘアメイクを担当されていたというから、それもまた凄い腕の持ち主…。
スカパラの創始者でもあるし…。と、素晴らしさを挙げたらきりがないお方です。
e0230090_00994.png

以前告知していましたが、新生ASA-CHANG&巡礼が参加した、
ブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュートアルバム『Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~』 が発売となりました。

新生ASA-CHANG&巡礼の楽曲は、凄く斬新な出来映えですので、絶対聴いて下さいね!
[PR]

by gosekky-memo | 2014-05-25 23:58 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

ブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュートアルバムに参加

e0230090_14422585.png

新生ASA-CHANG&巡礼がブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュートアルバム『Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~』 に参加。

ASA-CHANG&巡礼は 『2月/february』

e0230090_14423683.png



発売は5月、少し聞かせてもらったのですが、鳥肌が立ちました!なんてかっこいいんだ…。と…!
皆様是非お楽しみに♡

e0230090_14534397.png


メンバーで歌ったり♪

ブラッドサースティ・ブッチャーズ トリビュートアルバム
『Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~』
“The Last Match”

あなたにもらった愛と恐怖を捧げます。
感情に満ち溢れたトリビュート・アルバム!!シリーズ第4弾。
多くのアーティスト達の賛同を受け、“Abandoned Puppy” “Mumps”
“Night Walking” に続くシリーズ第4弾のリリース決定!
2014年5月28日発売  CRCP-40369/¥2,857+税
[PR]

by gosekky-memo | 2014-03-30 14:54 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

アニメ「惡の花」コンセプトCD「惡の花譜」がリリース。

アニメ「惡の花」コンセプトCD「惡の花譜」が6月26日にリリースされました。
e0230090_22424576.jpg


V.A.「惡の花譜」収録内容

01. 花 -a last flower- / ASA-CHANG&巡礼
02. 惡の華 -仲村佐和- / 宇宙人(ゲストボーカル:後藤まりこ)
03. 惡の華 -春日高男- / 宇宙人(ゲストボーカル:の子)
04. 惡の華 -佐伯奈々子- / 宇宙人(ゲストボーカル:南波志帆)
05. 惡の華 -群馬県桐生市- / 宇宙人
06. 花 -a last flower-(歌無し)
07. 惡の華 -仲村佐和-(歌無し)
08. 惡の華 -春日高男-(歌無し)
09. 惡の華 -佐伯奈々子-(歌無し)
10. 惡の華 -群馬県桐生市-(歌無し)



この度、新生ASA-CHANG&巡礼のリリースが叶って、嬉しいです!

昨年の「アオイロ劇場」で始動した「新生ASA-CHANG&巡礼」でアレンジした「花」がそのまま今回のED採用になっているのですが、

「アオイロ劇場」公演時には音源として残すという話は一切無かったので、私としてはアオイロ劇場の為に書いたアレンジの音源が何かしらの形で残って欲しい…と願っていました。

「花」の楽曲は元々のリリースがあるしで、新生Ver.きっとこのまま幻のように消えて行くのか…と思っていたのですが、
このような形で音源がリリース!ありがとう、アニメ「惡の花」!

聴き比べると分かると思いますが、元々の「花」と「花 -a last flower- 」のアレンジの違いで雰囲気ががらっと。
原曲が素晴らしいのはもちろん、「花 -a last flower- 」は緊張感と怖さと美しさがうまくマッチングしていますね。すごく今っぽい。と思いました。




そんな新生メンバー。打ち合わせの為にちらっと集まった時の写真をASA-CHANGがツイッターでアップしていました!
e0230090_2305670.png

青いのはサックスケース。
e0230090_231397.png

杏ちゃん、色んな楽器が出来るゆえ、この日はギターかな?

杏ちゃんはクラシックのシーンに居る人なので、バンドに所属というのが珍しいことだそうで。
バンドメンバーとして、CDリリースになるというのが今回が初だそうです。

キャリアは沢山積んでいる人だけれどもそういうこともあるんだ〜と興味深いお話でした。

それにしても新生ASA-CHANG&巡礼のリリース、おめでとうございます!
[PR]

by gosekky-memo | 2013-07-16 08:00 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

人気漫画「惡の華」のアニメED曲に起用! 

e0230090_23552472.png

新生 "ASA-CHANG&巡礼" 昨年の「新アオイロ劇場」以降、何も動きが無いように見えて
実は水面下で活動していました。

セルフリアレンジに挑んだ楽曲『花 -a last flower-』が、押見修造さん原作の人気漫画「惡の華」のアニメED曲に起用決定! 
4月6日(土)の深夜1時30分より、TOKYO MXほかで放映開始。です!



わ〜新生 "ASA-CHANG&巡礼" にエンジンがかかって、凄く嬉しい!しかも、新アレンジは「新アオイロ劇場」を見に行った方しか聞いていないはずなので、今までの "ASA-CHANG&巡礼"の「花」のイメージと聞き比べてみて欲しいですね〜。

「セルフリアレンジ」に挑戦したゴセッキー、昨年大変頭を悩ませながらも、今までの「花」よりも哀愁深く、ちょっと胸が苦しくなる様なアレンジに仕上がったと思います。
きっと「惡の華」のイメージにしっくりくると思います

e0230090_23533556.png


噂によると、原作者の押見修造さんは「花」の曲が元々お好きでマンガを書き下ろしたことから、ED曲のオファーへとの流れになったそう。なんだかめくるめく繋がり。わくわくします!

マンガはこの表紙から分かるように、内容はディープですが一度読み出したら続きが気になってしまって止まらない面白さです。アニメとマンガと合わせて是非見て下さいね!



e0230090_23533968.png


これはまだアニメのED曲作成中とは解禁前のレコーディングの模様。
ゴセッキーが撮った杏ちゃん。

今後の新生 "ASA-CHANG&巡礼" にも注目してください。
[PR]

by gosekky-memo | 2013-04-04 07:47 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)

PANCAKE

e0230090_1551411.jpg

クリウィムバアニー × コンタクト・ゴンゾ × 天野タケル × 池永正二 『PANCAKE』@象の鼻テラス
へ行ってきました。

クリウィムバアニーはASACHANG&巡礼「アオイロ劇場」でダンス総指揮を務めたすがおなぎささんの、ふわふわした女の子が集まったダンス集団。

コンタクトゴンゾは前から見てみたかった、モノを投げ合ったりする男っぽいパフォーマー。

天野タケル君は画家であり「newneu.」パンダのモチーフがポップなファッションブランドもやっている人。ちなみにご存知一十三十一ちゃんの旦那様!

池永さんは「あらかじめ決められた恋人達」のバンマス。

そして題名がPANCAKEときて、行くしかない!と見に行きました。
e0230090_15511062.jpg

場所はみなとみらい。夜景が相変わらず綺麗!

この界隈に来たのも一十三十一ちゃんのクルージングライブにゴセッキー参加した以来。と、タケル君との繋がりの偶然を感じてみたり。
e0230090_1551143.jpg

開演前に赤レンガ倉庫の前まで行くと、スケート場になっていたり。もう街全体がキラキラでまばゆい…!
会場に着くと、数カ所置かれたテーブルの上にホットプレート、ふわふわ可愛いクリウィムバアニーちゃん達がパンケーキをひたすら焼いていました。
e0230090_1551794.jpg

そして異種格闘なパフォーマンスがとたんに繰り広げられました。
会場には大量のパンケーキと、大量のレモンがステージ上に飛び交う飛び交う。

あの空気の流れとか、「マ」を感じるライブ。凄く面白かったです。その間、ずっと後ろの壁にペインティングで絵を完成させていくという、見所満載でした♪
そして最後はこんな感じでトッピングが…!
e0230090_16122616.jpg


パンケーキがぐっちゃぐちゃなのに、何故かこの景色は爽快です…。
大好きなパンケーキがどんな姿をしてようが、山盛りテーブルにあるとなんか幸せ♡←完全にわたくし目線ですが…。

私達はこの公演を楽しんだわけですが、
こういうもしかしたら一般的には理解しがたかったり、興味を持ちづらいシュールに思われてしまう公演が、もっと沢山の人に興味を持ってもらえたらいいのになーと、切に願いたくなるようなライブでした…!
なんと、ダイジェストがこちらで見れます。


e0230090_16123023.jpg

最後に、この会場でしか食べられない象のソフトクリーム。目が優しい…!
[PR]

by gosekky-memo | 2013-03-31 16:28 | ASA-CHANG&巡礼 | Comments(0)