Autumn in New York後編

e0230090_17593750.jpg

こちらはブルックリンのウィリアムズバーグ周辺にあるWHYTH HOTEL。
今のブルックリンを語るには必須の話題なホテルでは無いでしょうか。
元々テキスタイル工場として使われていた歴史ある建物を今のセンスを取り入れながら素敵にリノベーションしたもの。
e0230090_1811157.jpg

1階のレストラン&バー「Reynard」でせっかくなのでお茶をしました。
ホテル内のレストラン「Reynards」とバーはブルックリンでも人気のあるレストラン「Marlow & Sons」や「Diner」「Roman's」と同系列なのです。来たからには訪れたい場所だったのでテンション上がりました。


お茶の後、「Marlow & Sons」ではシリアルやクッキーなどを、「Diner」でも後日ランチに食事に行きました。
ここの系列はとても美味しいのが嬉しい!

今年の春に移転オープンしたばかりの、「Whitney Museum of American Art」へいきました。
e0230090_18132337.jpg

混んでるかな…とお昼前には並んでみたのですが15分くらいで入れました。外の展示もあって、しかも眺めもよくて最高でした!アメリカの近代・現代美術作品が充実していることで知られるホイットニー、個人的に現代アート好きゆえたっぷり楽しめる!とコーフン。
e0230090_1891933.jpg

すぐ近くに「The Standard, High Line New York」ホテルも見えます。

e0230090_035616.jpg
面白い形のホテルですよね…!この下にハイラインが直結してる関係性も面白い。

e0230090_181395.jpg

そういえば、NYはストリートミュージシャンに遭遇しまくりでした。いなたいサックスが地下に響いて、思わず近づいて見に行ってしまった私達。
でも、ロングトーンみたいなのばっかりで笑 練習かい?ここで…贅沢な…って気分にもなりましたが、そんな状況もとても面白いNY

ゴセッキーの姉はアメリカに住んでいるので、弟がNYまで出て来るならばと、
姉のゆきがメイン州から車で駆けつけて来てくれました。
e0230090_0484232.jpg

「Smorgasburg」へ。4月から11月の土曜日に行われるフードのみの野外マーケットで、約100店舗が参加しているそうです…!(Brooklyn Museumの近く)
e0230090_0542013.jpg

気になっていたドーナッツとジュースとポテトをつまんだりしました。
フェス感ありましたね〜代々木公園かと思いました!

e0230090_1865242.jpg


ブルックリンで姉の友人がやっている「semilla」いい感じの雰囲気のレストランに連れていってくれました。コの字のカンター。

繊細な味で盛りつけも綺麗だったし、お客さんも食に対して通な雰囲気。どきどき。

と、このお店はつい最近ミシュラン☆とったそう。おめでとうございます!
短い滞在の間に味わえて、誇らしいです。
e0230090_187331.jpg

美味しいベーグル食べたい!とリクエストしたら姉がlower east sideにある「Russ & Daughters」へ連れて行ってくれました。
ベーグルやスモークサーモンで人気のユダヤ系デリ、老舗。なんて聞いたら絶対いきたかったところ。味は申し分無し!

e0230090_1855785.jpg

姉に、とことんNYぽいものを食べたいとリクエストし「ハンバーガー」をリクエストしたら Soho周辺にある「B&B」へ。
e0230090_184939.jpg


e0230090_1833740.jpg

キャ〜待ってたこの感じ!とってもおいしかったです。しかし、ファーストフードの感覚では全くない高級ハンバーガー。いい経験した感じです。


e0230090_0443612.jpg


姉が車を停める時にスゴ技で駐車していたので思わずパシャリ…。プロ!?


さて、ゴセッキーお待ちかねのライブは最終日の夜2本観に行きました。
「Smalls」では、あのマイルスバンドにも所属していたDavid Liebman !!!
e0230090_15103921.jpg

David Liebman (Tenor Sax) // Michael Stephans (Drums) // Uri Caine (Piano) // Jay Anderson (Bass)
e0230090_1592960.jpg

巨匠!!!さすがの素晴らしさでした…。そして記念に写真も撮らせて頂きました。家宝!

再び「Cornelia street cafe」に。
e0230090_15115917.jpg

PATRICK CORNELIUS OCTET
Patrick Cornelius, alto sax, comp.; Marquis Hill, trumpet; John Ellis, tenor sax, bass clarinet; Nick Vayenas, trombone; Miles Okazaki, guitar; Glenn Zaleski, piano; Peter Slavov, bass; Eric Doob


時差ボケ気味で、たまに意識の無い世界に誘われるのが悔しくて…(つまりライブ中に寝落ち)
しかしこのライブハウス暗めなせいか、眠気を誘う率が高い様な…。

とはいえ、見てましたよ!NYで活躍するバンドを現地で鑑賞出来る貴重な体験♪

ゴセッキーは好きなバンドの音源とか、YOUTUBEで聞いていたものを、
実際目にするとこんな風に音を出しているんだ、とか色々学べるそうで、今回も目を輝かせてましたね。三度の飯も好きだけど、同じくらいサックスのことが好きなゴセッキー…!



というわけで、NY記録でした…☆

次から日常に戻ります(ビシッ)
[PR]

by gosekky-memo | 2015-11-17 08:04 | プライベート | Comments(0)