2nd Alubum [NOON AFTER NIGHT]リリース!

e0230090_1424240.jpg

ついに!stimの2ndアルバムが Revirthより、全国流通版でリリースされました。

RevirthのようなCOOLなレーベルからstimの最新アルバムがリリース出来たことは本当にごく自然な流れだなと感じます。今作は本当にかっこいい出来映えです。
音とリズムに対するメンバーの拘りがぎゅっと詰まっています。リリースおめでとう!

e0230090_1423170.jpg

stimのメンバー左からゴセッキー、Taichi くん、圭作さん、陽平君、みきお君、ウンテン。
陽平君のお店目黒カラビンカにて。写真はいつもstimや周辺バンドのかっこいい写真を撮ってくれているエビさん
e0230090_16375377.png

というわけでstimアカウントがお知らせしてくれたように、インタビューでバンドの全てが分かります!
インタビュー→OTOTOY
インタビュー→CONTRAST

さて、この機会に過去のstimのアーティスト写真をご紹介しつつ、メンバー交代や、その頃のことなどを…。
e0230090_23411116.png

画像が荒くてすみません…。
これは2005年頃のもの、左からTaichi君、柏倉君、圭作さん、ゴセッキー、みきお君。
この頃ツインドラム編成でした!
バンド自体は2002年頃から活動を始め、初のライブは2005年1月に渋谷のO-nestにて。nestで演奏するバンドとしてはかなりJazzyな雰囲気、といった第一印象。(私の個人的な感想)

e0230090_23412711.jpg

さてこちらは2007年頃。4人、とstim史上最小メンバー数。
この写真になったきっかけは「stim」と柏倉君がメンバーの「toe」との2マンでライブが決定したことでした。
実は当時のtoeのアーティスト写真に近づけるよう、stimが後から撮ったものです。
こういう遊び心が常にあるstim…!
e0230090_23414189.png

もちろん、toe公認です…!

柏倉君は木村カエラちゃんのサポートや、バンドの掛け持ちが忙しくなったりなどがきっかけでこの頃stimを脱退。その少し後、圭作さんは「toe」「木村カエラちゃん」のサポートとして参加し始めます。
2007年はゴセッキーが在籍していたDCPRGが解散となった年でもあります。
e0230090_23415232.png


e0230090_044759.jpg

アーティスト写真にパーカッションの陽平君が増えました。写真は2008年頃。
2007年に「ON THE BROAD」というスケボープレイヤーのDVDのサントラをstimが手掛けていますが、Taichi君が「サントラの音楽にパーカッションを入れたい」と、陽平君をレコーディングに迎えたのがきっかけ。その後、正式に陽平君が加入しました。Taichi君と陽平君は「ORQUESTA NUDGE! NUDGE!」に所属しています。
stimのメンバー圭作さん、陽平君が参加している「ホテルニュートーキョー」のサポートにゴセッキーも参加し始めます。このstimの3人はケイタイモ率いる「WUJA BINBIN」でも一緒にバンド活動中。stimの半分のメンバーが別の2バンドでも一緒に活動しているという…!なかなかこういうの、聞いた事が無いし珍しい形だと思います。
e0230090_0421740.jpg


その後、2009年に1stアルバム「EXPO3OOO」がリリース。
このレコーディングでバスクラリネット、バリトンサックスで上運天淳市ことウンテンが参加、これをきっかけにメンバーへ!今のstimが出来上がりました。
e0230090_0471695.jpg


最新アルバム、沢山の人の耳に届き、ポリリズムに乗ってライブを楽しんで観てくれたら嬉しいな〜!と、
stimの一ファンとして、密かに願います!



stim
“ NOON AFTER NIGHT ”

2012.12.12 (水) 発売

REVB-0007 ULTRA-VYBE, INC. / REVIRTH
税込価格 ¥2,500 税抜価格 ¥2,381

ジャンル、シーンの垣根を超えて活動する強者が揃ったstimによる、結成10年目にして初の全国流通盤となる今作 ”NOON AFTER NIGHT” は、
エンジニアに内田直之を迎え、オープンリールによるアナログレコーディングで制作された。stim節とも言える枠に収まらない独特のリズムを基調とし、
その上に緻密に組み立てられたアンサンブルは、stim独自のファンタスティックな世界を展開していく。ゲストには、映画 “サウダーヂ” への出演、
そして名門Mary Joy Recordingsからリリースされたセカンドアルバム “B級映画のように2” で一気に話題を集める、
今一番注目のMCと言っても過言ではないMC、田我流 (stillichimiya) を招き、田我流自身初のバンド共演と言う、Tr.3 “√20” (るーとにじゅう)
ではソロアルバムとはまた違ったクールな一面を見せている。さらに、謎のオーストリア人ハーフ女性ボーカリストJamunaをフィーチャーしたTr.7 “Blue” は、
Massive Attackの ”Teardrop” を彷彿とさせる深く、美しいサウンドに仕上がった。また、ジャケットアートワークは ”Good Design Award”
で大賞を受賞したNHK ”ドレミノテレビ” 、UAのコンサートツアー ”空の小屋” などの美術デザイン、広告、雑誌、装丁、音楽関連のビジュアルを中心に
幅広く活動する、近藤達弥が手がける。stim結成以来、ジャズ、ヒップホップ、アフロ、ファンク、エレクトロミュージックを独自に解釈し、さらにMC、
ヴォーカルをフィーチャーした今作は、結成以来脈々と培ってきたすべてが明るみに出る、まさに ”NOON AFTER NIGHT” になるはずだ。

1. Chess
2. Universe Disco
3. √20 feat. 田我流
4. Fata Morgana
5. Basquiat
6. Continuous Voyage
7. Blue feat. Jamuna
8. Redone
9. Revive The Past


[PR]

by gosekky-memo | 2012-12-12 14:22 | stim | Comments(1)

Commented by こまち at 2013-01-08 19:30 x
柔らかくて素敵な曲ですね♪♪ジャケットも素敵だし♪購入しようと思います*\(^o^)/*