森田くんとソプラノサックス試奏会

e0230090_0432114.jpg

この日はゴセッキーと新大久保の石森楽器へ。森田修史さんと待ち合わせ。
森田さんのソプラノサックスと、自分のを吹き比べてみたい!というゴセッキーのリクエストに快く引き受けてくださいました。

森田くんは(ゴセッキーがそう呼んでいるので私も呼ばせていただきますが!)ゴセッキーと同じサックス奏者ではありますが、これまた全く違うタイプのプレイヤー。普段、音楽シーンも違えば会う機会もあまり無いそうで、私はこの日初めてお会いしました。

まず2人が存在する音楽シーン。
ゴセッキーはアングラなバンド~ポップス系バンドといった守備範囲ですが、森田君はジャズ!
ジャズとは、ゴセッキーの憧れる、ジャズであります。
森田くんの演奏をYOUTUBEで拝見しただけでも、渋いかっこいい音色をしたプレイが堪能できます!

ゴセッキーはクラシック出身というのもあって、どちらかというと伸びやかなキラっとした音色の感じが売り、とでもいいましょうか。太い音で深みのある大人な音色。。。森田くんのような渋いジャズな音色に憧れるようです。
同じ「サックス奏者」という立場だとしても、聞き比べてみると音色や雰囲気は違うので、それがまたプレイヤーそれぞれの個性なんですよね。

共通のお知り合いは、最近だと一番身近なのは「在日ファンク」のドラムの永田くん。

森田くんのトリオのバンド編成などで永田君は参加しています。何故かそこでは「親方」と呼ばれている永田君…(似合う!)

ジャズな永田君の姿をまだ拝見していないので、いつかライブを観に行かないと!と思っています。
皆さん、永田君の活動は「在日ファンク」だけじゃないのですよ、チェック!

試奏した後は、喫茶店でお茶をしました。
永田君のように共通の知り合いミュージシャンの話や、お互いのサックスに纏わる話などをして、森田君はちょっぴりぶっ飛んだ所があって、2人のお話しているところを聞いていたのですが、彼はかなり独自の世界観がある方ですね。面白かったです!
最後にこの載せている写真を撮らせてもらって、

私「今2人を撮った写真、私が書いている観察日記(このブログ)に載せてもいいですか?」

森田君「観察日記…??奥さん、生物学者か何かされているんですか?」

私「……生物学!?…いえ、あのゴセッキーの宣伝めいたブログのことなんですけどね。笑」

森田君「あ、それみた事あるな~、はいはいはい!」

私「笑」

まさか、生物学者に間違われるとは…!きっと、素で言ってくれたとは思うんですけど面白いですね~。
近日、森田くんバンドを拝みに行かなければと思います。
[PR]

by gosekky-memo | 2012-01-21 23:52 | 近況 | Comments(2)

Commented by clarinetomomi at 2012-01-27 15:35 x
初めまして!
ここで森田さんが登場されてビックリです!
24日のスイートベイジルで、周りのSaxプレイヤーがにやにやするようなsoloをぐいぐい吹かれてたのが森田さんだったので(@0@)

ゴセッキーさんとそういうジャンルの違いのようなものがあるのですね。

いろんな方が登場するので更新楽しみにしてます♪
Commented by gosekky-memo at 2012-01-27 23:52
clarinetomomi さん
コメントありがとうございます!スイートベイジルで森田君の演奏ご覧になってらっしゃたんですね、いいなぁ。。。私も近々観に行きたいです!

サックス奏者といえども、それぞれの音色とキャラがあって、関わるバンドなども様々だと思うんです。サックス以外の色んなミュージシャンの方々の在り方を観ているだけでも多種多様で、面白いです!

またいろんな方にお会いして、こちらで紹介出来たらナァと思います。
よろしくお願いします♪